賢金まとめ

節約・貯金したい人の為の役立つ情報から借金してる人の現状・挽回策、お金を稼ぎたい人の為の知識までマネーな情報を広めていきます
1日5分から、初めてでも出来るFX

このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加   


飲料メーカーの缶コーヒーCMは衰えることを知らない。それどころか、必死に自社のPRに必死になっている。缶コーヒーの想像力を高め、需要を引き出し最大化し購入につなげている。

だがしかし、本当の意味で豊かになっていく人、リッチになっていく人は缶コーヒーなんて飲むのだろうか。検証してみよう!




日本は世界各国と比べても自動販売機の数が多い


日本ほど、街中に自動販売機やコンビニがあふれている国もない。

ヨーロッパでは自動販売機を見つけることがむずかしいくらい少ない。日本は設置基準がゆるいのだろうか。そして、自販機を置くだけで設置者が儲かる国なのだろうか(安全で破壊、盗難が少ない国である、という理由もあるが)。

それほどに人は、気軽に自販機でいろいろな物を買う。買ってもらうと国のGDPに少々貢献し、誰かが潤うのだから、全然かまわないのだが、私は困ったときにしか自販機を使わない。

自販機は街の美観を損ねる。電気代もムダだ。しかも甘い飲料は身体に良くない。甘い缶コーヒーも肥満のもとになるだろう。しかしもっと悪いのはお金を失うことだ。




塵も積もれば山となる


「ケチなこと言うな、たかだか100円か150円」と思われるかもしれない。しかし、その小さなことが積もり積もって大きなことになる。

私は試算してみた。毎日150円の缶コーヒーを3本飲めば1日450円、ひと月で1万3500円、1年で約16万円、30年で約492万円も使うことになる。

自動販売機の缶コーヒーを毎日2本買うと・・
1日・・240円。
1ヶ月・7200円。
1年・・・86400円。
10年・・864000円。
と塵も積もればですね。

また無糖でなくて甘い飲み物はダルさを引き起こします。
コーヒーはブラックで飲まなければ体に悪いと喫茶店のオーナーに教えてもらいました。




投資したらどうなるだろう?


もしこのお金を自販機に入れる代わりに、投資していたらどうなっただろう? 収益率8%の投資に回せていたら、この492万円は30年間で2000万円もの大金になっていたのだ。

毎日の缶コーヒーで家が建つ――、そのくらいもったいないことをしているのだ。




お金持ちの共通点とは・・・


知っているお金持ちたちのほとんどが自販機を使わないからだ。コンビニに入ることも好きじゃない。必要なものは家からしっかり持ってくる。自分の水筒、手作りのお弁当、こだわりのスイーツなど。さすがにビールは冷えているほうが美味しいから、コンビニか自販機で買う。でもそれくらい。

何となく見ていて欲しくなったものにお金を払うことが少ないのだ。これらの行動は多くのお金持ちたちの共通点だと言える。

缶コーヒーを購入する行動心理は、衝動買いする時と同じ行動心理かもしれない。
ただ金額が少額なだけで、やっていることはほぼ同じだと思う。
だからお金を浪費していく=お金が貯まらない減っていく
という図式が成り立つのだ。



缶コーヒーの原価率を考えた事がありますか?


コーヒーショップの原価は5円とか10円ですよ。
つまり缶コーヒーも同様だということなんですよね。
自分でコーヒーを入れた方が安上がりです。
これはお茶も同じですよ。
麦茶とかも同じです。

コンビニで紙パックの緑茶が売ってますけど...500mlと1リットルの金額の差は見ましたか?
1リットルでも98円です。500mlでも80円程度です。
ボロ儲けなんですよね。
コーヒーも同じです。
原価率見た時には茫然としましたね。

外食産業のファーストフード業界でコンピュータに登録されているメニューの原価見ました。
恐ろしく低かったです。
だからこそ、喫茶店は儲かるんですよね。

缶コーヒーの原価、あくまで勝手な試算ですが
まず原材料費、缶代が7-10円、缶の印刷代3-5円、コーヒー代は2円-3円、甘味料1-2円、水、粉乳、香料、ゲル化剤、その他副資材2円程度と見積もれば14円~21円の間、製造費は10億本程度製造すると固定費5円程度ではないでしょうか?

変動費はエネルギーやダンボール代は2円-4円どう高く見積もっても20円~30円が製造原価と思いますが、(やはり一番高いのは缶だと思います)

それにその後物流費、販売費、一般管理費(広告費やお店への販促金など)がかかるので利益はそれほど高くないのではと思います。

120円の物で42円、100の物で35円位ではないでしょうか。缶も含めてです。ドリンクメーカーの統一された価格を見ると、其の位が、社会性カら判断して、妥当だからです。

商品価格というものは、利益だけ考えて付けられるものではありません。公共性も当然苦慮するのです。それが企業の役割です。それが無い会社は大きくなれません。



オススメ投資と言えばFX!

主婦やサラリーマンにも大人気なFXとは




FXについて漫画で優しく解説


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。