賢金まとめ

節約・貯金したい人の為の役立つ情報から借金してる人の現状・挽回策、お金を稼ぎたい人の為の知識までマネーな情報を広めていきます
1日5分から、初めてでも出来るFX

このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加   


なぜ1番・2番ではなく3番が歌われるのか? W杯決勝前に知っておきたいドイツ国歌の謎

この曲が、初めてドイツ国歌として正式に採用されたのは、1922年のことである。ワイマール共和国の時代だ。その後ナチスドイツの時代になっても、国歌は使い続けられた。現在では1番、2番の歌詞が使われることはない。 それでは、1番、2番にはいったい何が書いてあったのか? 問題表現があったであろう事は想像できる。しかし、「ナチス賛美の詩だ」とか、「ナチス政権が作詞した」だとか、事実と違う認識を持った人が多い。そこで「どのへんがマズかったのか?」を、少しだけ検証してみたい。

では問題の1番から。

1  ドイツ ドイツ 世界に冠たるドイツ  
すべての同胞が 団結して 国を保ち続けよう  
マース川から メーメル川まで 
エッチェ川から ベルト海峡まで  
ドイツ ドイツ 世界に冠たるドイツ


ちなみに、マース川は今のオランダ、メーメル川は今のリトアニア、エッチェ川は今のイタリア、ベルト海峡は今のデンマークにある。 北海からバルト海に及ぶヨーロッパ北部全域を、ほぼ覆っている。これではあちこちから文句が出ても無理はない。

次に2番だが、これは別の意味で問題がある。

2  ドイツの女性 ドイツの誠実 
ドイツのワイン ドイツの歌  
その伝統を 保ち続けよう  
古き良き名声は われらに 品性をもたらす 命あるかぎり 
ああ ドイツの女性 ドイツの誠実 
ドイツのワイン ドイツの歌


「ドイツの女性!」「ドイツのワイン!」
こんな国歌は聞いたことがない。個人的には、こういうのもアリなんじゃないかと思うのだが、一方で、こんな声も聞こえてきそうだ 「それを言うならフランスの女性!フランスのワイン!だろう」「いや、チリの女性!チリワインだ!」 「いやいや、イタリアを忘れてもらっては困る」等々。議論百出すること間違いない。 というわけで、第二次世界大戦後、西ドイツが国家として成立する際、3番のみを採用することが決まった。その理由は「1番は外国を刺激する。2番は内容がない」ということだったそうだ

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140713-00010007-footballc-socc&p=1#!beoUO7



3番は1番2番と違い、ほんとに国歌らしい歌詞

統一と正義と自由を
父なる祖国ドイツの為に

その為に我らは挙げて兄弟の如く
心と手を携えて努力しようではないか

統一と正義と自由は
幸福の証である

その幸福の光の中で栄えよ
父なる祖国ドイツ



ちなみに、世界で一番長い国歌と短い国歌は


世界一長い国歌はギリシアとキプロスともに国歌としている「自由への賛歌」。
なんと158番まであります(驚)
全部歌ったらなんと1時間以上かかるという・・・・(笑)

世界一短い国歌は実は日本。
1分ほどで終了します。
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。