賢金まとめ

節約・貯金したい人の為の役立つ情報から借金してる人の現状・挽回策、お金を稼ぎたい人の為の知識までマネーな情報を広めていきます
1日5分から、初めてでも出来るFX

このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加   


スーパーやコンビニへ買い物に行くと、つい余計なものまで買ってしまうことはないですか?

消耗品ならいつか使いますが、食料品は消費期限もあるし、身体のためにも、買い過ぎないようにしたいものですよね。

買い過ぎを防ぐ方法をまとめてみました



スーパーやコンビニって、つい余計なものを買ってしまいませんか?


スーパーやコンビニへ買い物に行くと、つい余計なものまで買ってしまうことはないですか?

活気のあるスーパーに行けば、すぐ食べられる揚げ物とか、ちょっとつまみたくなるお寿司とか、ふかふかしたパンがずらーっと並んで、あなたを誘惑してきます。

消耗品ならいつか使いますが、食料品は消費期限もあるし、身体のためにも、買い過ぎないようにしたいものですよね。




睡眠不足も、食べ物の買い過ぎが起こってしまう・・・?


血液中の「グレリン」というホルモン。
このホルモンは、空腹感を感じさせる作用があるそうです。睡眠不足時の買い物にも注意が必要です。

グレリンの作用による空腹感と、睡眠不足による思考能力の低下が、よりハイカロリーで量の多い食品の購入を促している。

睡眠不足が人間の判断力を衝動的にしてしまう



買い過ぎを防ぐ方法ってあるの?

①定番!お腹が満たされてる時に買い物に行く。


空腹な時だとどうしても、食べ物が魅力的に見えてきます。できるだけお腹を満たした状態の時に食べ物を買いにいく。

本当に必要なもの意外も買い物かごに入れてしまう原因になりかねません。冷静に値段や分量を判断できるように、ご飯を食べる直前に買い物に行くのは避けましょう。

そんなタイミングよく行けない!という場合でも、軽く何か食べてから行くようにしましょう。

空腹時は、とにかく余計な物を買ってしまいがち。
お買い得品がある時間帯なども、買わないと損する!と思ってしまい、つい買ってしまいますので注意しましょう。




②スーパー、コンビニまで歩いて行く。


買い物は歩いて行ける距離なら歩いて行く。

運動になりますし、車や自転車だとちょっとくらい買いすぎてもいいや!と思ってしまいますが、徒歩だと持って帰るのは自分なのでそういうわけにもいかない。

歩くことで脳が活性化し、様々な優良ホルモンが分泌されるので、ストレス解消に繋がり前向きな思考になる。

歩いて行ける距離にない!という方は、駐車場の遠い場所に車を止めたりして、歩く距離が長くなるように工夫してみましょう。




③カゴは使っても、カートは使わない。


カートは使わずにカゴを手で持って買い物をしてみましょう。余分なものを買うと重くなるからです。

特売品に目移りすることもなく、必要な食材だけを買い物かごに入れていく。

カートを使って買い物をすると、カートを押すだけなので感覚が鈍ってしまい、ついつい買いすぎてしまうという調査結果も実際に出ている。

またカゴを持って歩くことで、十分運動にもなります。




④買い物リスト以外のものは、買わない。


安いからといって、買いだめはしない。必要なものをその都度買う。

安いとついつい買いたくなるものです。でもその時無理して買わなくても少しすれば又同じ商品が同じ様な値段で出るもの。

スーパーに行ってから、献立を考えるのも良いですが先に献立を決め、何が必要かを考えて買い物をする方が買い過ぎを防ぐことが出来ます。

また、買い過ぎて、結局は捨ててしまった・・・なんてことも防げます。




⑤買い物に行く頻度を減らす。


そもそもの買い物回数を減らすことで、余計な物を買ってしまうリスクを減らす。

頻繁に買い物するよりまとめ買いした方が買い過ぎは絶対に防げます。

冷凍できる肉や魚、日持ちするものは週に一回まとめ買いして、一つの野菜を上手に使い切る為に、料理法を変えて献立表を作ってみましょう。




食べ物の買い過ぎは、ダイエットの敵!


保存がきくものが買い置きしてあれば、ついつい手が伸びてしまいます。

ネットやテレビに夢中になりながらジャンクフードをバリバリ食べる為に、睡眠不足になってさらに体重が増加。

お腹がすいたら時間を考えずにあれもこれも食べてしまう。この原因を無くすには冷蔵庫に買いだめしないことです。




お金を増やすなら副業がオススメ!初めてででも出来るネット副業FXとは

主婦やサラリーマンにも大人気なFXとは




FXについて漫画で優しく解説


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。