賢金まとめ

節約・貯金したい人の為の役立つ情報から借金してる人の現状・挽回策、お金を稼ぎたい人の為の知識までマネーな情報を広めていきます
1日5分から、初めてでも出来るFX

このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加   


外国通貨の相場の高低を予想し売買を行う「バイナリーオプション」。

金融庁に無登録の海外業者の急増でトラブルが頻発しています。「バイナリーオプション」で注意すべき事とは?



まず「バイナリーオプション」とは?


為替相場が上がるか下がるかを予想する取引

例えば、今が1ドル100円とした場合、決められた時間を過ぎたときに100円より高いか、安いかを予想して当たれば配当が貰えます。

細かい条件設定も出来ますが、基本は上記のように簡単なものなので始める人が増えてます。

ちなみに、予想が当たった場合は決まったお金が入り、外れた場合は最初に預けたお金が没収されます





なぜ今「バイナリーオプション」のトラブルが急増しているの?

国内の「バイナリーオプション」会社の自主規制が大きく影響


昨年11月より国内のバイナリーオプション会社が自主規制を行い、運営ルールを厳しくしました。

バイナリーオプションが競馬などのようにギャンブル性が高いとの金融庁からの指摘により行われたもので、これまでの様な手軽さが国内バイナリーオプションはなくなってしまいました。




但し、海外業者は自主規制対象外


上の規制により、国内業者は魅力が以前よりはなくなりましたが、逆に以前以上に健全な運営を行っています。

問題はこの規制が国内のみであり、海外のバイナリーオプション業者は対象外、ということ。

自主規制により国内業者の魅力が減ったが海外業者は変わらずなので、多くのユーザーが海外業者を使うようになりました。




金融庁に無登録の業者による不正が横行

海外に拠点を持つ会社に関して、金融庁が取り締まる権限がないため、無登録の海外業者による被害が多発しています。

多く寄せられる被害が、
「お金の引き出せない」
「連絡が取れない」
「勧誘電話が頻繁に来る」
などです




国民生活センターへの相談が急増中


センターに寄せられた相談は、今年1~4月は全国で毎月数件だったが、6月は51件、7月は178件と急増。
8月は29日登録分までで138件となり、7月を上回る見込みという。

相談の内容は、
業者が返金に応じない
一度に600万円など高額の取引を要求された
など。
登録の有無を金融庁のホームページで確認して」と注意を呼び掛けている。




結局バイナリーオプションは危険なの?

バイナリーオプションで被害が急増しているのは無登録の海外業者です。

自主規制により魅力が減ったとしても、国内のバイナリーオプション業者を活用すれば無用なトラブルに巻き込まれる心配もありません。

国内で安心なバイナリーオプション業者であれば「GMOクリック証券」や「みんなのバイナリー」です。
どちらもFX投資も取り扱ってあり長年の実績あり安心できます。


国内のバイナリーオプションやFX業者の一覧はこちら


金融庁 無登録海外バイナリー業者一覧と注意情報

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。