賢金まとめ

節約・貯金したい人の為の役立つ情報から借金してる人の現状・挽回策、お金を稼ぎたい人の為の知識までマネーな情報を広めていきます
1日5分から、初めてでも出来るFX

このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加   


「投資」に関する話題を聞かない日がないくらい、株取引が身近なものになっています。

特にインターネットによる株取引が着々と増えており、なんとその主役が大学生というから驚きです。
大学生投資家の増加が、今後の日本経済の要になるかもしれません。



学業の傍らで投資をこなす大学生が増えている


ネットによる株取引が着実に増加しているなか、若い世代、特に大学生の取引が口座拡大をけん引しているといわれている。

証券会社が主催する投資コンペでも、現役大学生が上位にランクインしている。
大学生投資家は株式の流動性向上に貢献する存在だ、と期待する声もある。





"金融リテラシー"の強化が進む


"金融リテラシー"とは、金融に対する理解度や活用能力のこと。元来、日本は海外に比べて、金融リテラシーが低いとされてきた。

8年の金融危機を契機に、多くの国において国民の金融リテラシー向上が叫ばれ、金融教育の重要性が認識されてきている。

今では証券会社が行う学生向けの投資講座が増えており、立ち見が出るほどの盛況ぶりである。

比較的、時間を自由に使える大学時代こそ、"金融リテラシー"を身に付ける最高のタイミングだと力説する人も。




投資の勉強が就活にも効果的?


投資家の視点で会社を見ることが、就職活動で将来の選択をする際に大いに役立つ、とする考え方もある。

投資を学ぶことで、就活生に有効的な「予測力」を身につけることができる、とする見方もある。




学生が主体となって、自ら投資を学ぶ


大学の投資サークルも盛んで、大学の垣根を越えて団体同士で交流を深めたり、投資や金融に関する講演会やイベントを開催して、他学生へも投資の間口を広げたりしている。

大学の投資サークルも盛んで、大学の垣根を越えて団体同士で交流を深めたり、投資や金融に関する講演会やイベントを開催して、他学生へも投資の間口を広げたりしている



毎年春と秋に発行。
「SPOCK」は思惑、投機、演芸を意味する言葉で、
「自ら考え、リスクに捕われず行動できる人間になりたい」
という願いが込められているそう。



TV番組「深イイ話」でFX投資で年収1千万稼ぐ東大生が登場


日本テレビの番組「人生が変わる1分間の深イイ話」で、「東大ギャル男」なる男が登場しました。

この日の番組のテーマは「人生の勝ち組の東大出身者は本当に幸せなのか」。
そこで登場したのが「東大ギャル男」でした。
「東大ギャル男」とは、東京大学大学院(総合文化研究科)2年の田畑昇人さん(25)。
学生にして年収1千万円だと紹介されていました。

田畑昇人さんは、自らのギャル男風の見た目について「人間って期待値があった場合に、実測値が上回っていれば、この幅が感動なんですよね。僕の場合は下から入れるんで。
簡単に上回ることができる。つまり常に人を感動させることができる」と早口で持論を展開。

ただ現在は東大大学院を休学しているそうです。そうまでしてやっているのが「巷で流行っているFX(外国通貨の売買)ってやつですね」とスマホを取り出し説明。

田畑昇人さんによれば「最初50万円から始めたんですけど、たまたま8ヶ月で1千万円にすることができて。ハハハッ」ということです。



オススメ副業と言えばFX!

主婦やサラリーマンにも大人気なFXとは




FXについて漫画で優しく解説



関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。