賢金まとめ

節約・貯金したい人の為の役立つ情報から借金してる人の現状・挽回策、お金を稼ぎたい人の為の知識までマネーな情報を広めていきます
1日5分から、初めてでも出来るFX

このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加   


夏はエアコンにかなりの電気代がかかっています。
電気代節約のためドライ運転にしている人も多いのではないでしょうか?
でも、本当にドライ運転のほうが冷房より電気代がかからないのでしょうか??



ドライのほうが電気代がかかるという噂がツイッターでもちらほら・・・









本当のところどうなの??


エアコンの除湿は、ドライ運転と表示されているものが多いと思います。
このドライ運転には大きく分けて、「再熱除湿」と「弱冷房除湿」という2つの種類があります。


再熱除湿とは・・・
お部屋の空気をいったんエアコンの内部で強く冷やして除湿します。冷えた空気は暖めなおしてから送風するので、お部屋の温度の低下を防ぎます。湿気を取っても肌寒くなりにくい快適性を追求した除湿方法です。

冷房運転に比べ、再熱除湿の運転はランニングコストがとても高くなります。

それも断熱の良い家に住んでいる方ほど、
冷房運転と再熱除湿運転のランニングコストの差が
大きくなるといった傾向もあります。

その差はなんと

7倍

といったデータもあるほど。






では、もう一方の「弱冷房除湿」のほうは?

弱い冷房で除湿する方法です。再熱除湿に比べて除湿量は少なくお部屋の温度はやや下がります。

弱冷房除湿方式は通常の冷房よりも12~18%ほど電気代が安くなる。弱冷房除湿方式は冷房で除湿しており、室内が冷えすぎてしまわないようスイッチのオン・オフを自動的に繰り返しており、稼働していない時間が長くなるためです。




気になるのは我が家のエアコンがとっちのタイプなのか・・・


「弱冷房除湿」を採用しているのか「再熱除湿」を採用しているのか古いエアコンだとマニュアルにも記載されていないことが多いんです。

なのでメーカーに聞く方法以外有りません。比較的新しいエアコンだと再熱除湿を採用している物の方が多いかなという印象です。

まずはメーカーHPなどで確認してみましょう!



オススメ副業と言えばFX!

主婦やサラリーマンにも大人気なFXとは




FXについて漫画で優しく解説



関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。