賢金まとめ

節約・貯金したい人の為の役立つ情報から借金してる人の現状・挽回策、お金を稼ぎたい人の為の知識までマネーな情報を広めていきます
1日5分から、初めてでも出来るFX

このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
●消費税とは?


消費税はその名のとおりモノやサービスを『消費』したときにかかる税金で、代表的な間接税です。

間接税とは税金を「支払う人」と「納める人」が異なる税金のことを言いいます。




●消費税は何にかかって何にかからないの?


消費税は買い物するたびにかかるので、家計への影響も大きいもの。で、気になるのが、消費税ってそもそも何にかかって何にかからないか、ということです。

消費税がかからない取引には「不課税取引」「非課税取引」「免税取引」の3種類があり、この3種類以外の取引を「課税取引」と呼んでいます。




●消費税が課税対象となる取引


 ①国内において
 ②事業者が事業として
 ③対価を得て行われる
 ④資産の譲渡、貸し付け又は役務の提供
 の4つすべてにあてはまる取引です。

したがって、国外で行われた取引や、国内における取引であっても事業者以外の者が行った取引は課税の対象になりません(不課税取引)。

また、課税の対象となるものでも一定の取引については、非課税取引又は免税取引とされ、消費税が課されなかったり、免除されるものもあります。




●消費税がかからないもの

1.個人間取引(ネットオークション、フリーマーケットなど)


個人間取引とは、事業者ではない個人がインターネットオークションやフリーマーケットなどで家財を取引する方法のこと。

事業者ではない個人間で物を売るときは、消費税がかからない不課税取引となる。




2.土地


不動産を買うとき、建物には課税されますが、土地は非課税です。

消費税は建物や住宅設備にかかる税金で土地売却にはかからないのです。

土地の貸付については、例外的に消費税がかかる取引があります。


土地の貸付で消費税がかかるもの
・貸付期間が1ヶ月未満である土地の貸付の場合。

・野球場、プール又はテニスコートなどの施設の利用に伴って土地が使用される場合も消費税の課税の対象となります。




3.個人間の不動産売買


個人間で不動産を売買する場合には、消費税は関係ありません。ただし、不動産会社による仲介があった場合には、仲介手数料には消費税が発生します。



4.家賃


建物が居住用か非居住用かで、消費税がかかるかどうかが分かれます。

アパート、マンション等の居住用建物の家賃は「非課税取引」で、貸店舗、貸ビル、貸倉庫、貸工場等の非居住用建物の家賃は「課税取引」になります。

駐車場は?

部屋を事務所として借りたり、駐車場を借りたりする場合は課税されます。

青空駐車場でも月極駐車場のようなものは、土地の賃貸ではなく設備の賃貸とみなされるので、課税取引となります。




5.中古住宅


こうした非課税の範囲は一戸建て・マンションを問わず「個人間売買の中古住宅」全般に当てはまります。

しかし、中古住宅の多くは不動産仲介業者の仲介(媒介)によって取引されています。

この不動産仲介業者へ支払う仲介手数料は消費税の対象となるので課税されます。

但し、不動産会社が売主となって中古住宅を売却しているケースでは消費税がかかりますので、ご注意ください。




6.医療費


おおざっぱに言うと、消費税がかからないのは公的医療保険が適用される医療、消費税が課税されるのは保険対象外の医療です。

ただし、公的医療保険が使えないものの中にも、非課税となっている医療費があります。

通院のときと、入院のときの医療費には消費税はかかりません。ただし、入院のときの食事代や備品の購入費には消費税がかかります

つまり、病院にかかって調剤してもらった薬にも、消費税はかからないということ。




7.その他

◆商品券

商品券やギフト券、旅行券、プリペイドカードなどは、それ自体を買うときは非課税で、それを使って買い物をするときに課税されます。



◆切手


また、切手やはがき自体には消費税がかかりませんが、使う際の“郵便料金”としては、消費税がかかります。


オススメ副業と言えばFX!

主婦やサラリーマンにも大人気なFXとは




FXについて漫画で優しく解説


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。