賢金まとめ

節約・貯金したい人の為の役立つ情報から借金してる人の現状・挽回策、お金を稼ぎたい人の為の知識までマネーな情報を広めていきます
1日5分から、初めてでも出来るFX

このエントリーをはてなブックマークに追加   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加   


飲料メーカーの缶コーヒーCMは衰えることを知らない。それどころか、必死に自社のPRに必死になっている。缶コーヒーの想像力を高め、需要を引き出し最大化し購入につなげている。

だがしかし、本当の意味で豊かになっていく人、リッチになっていく人は缶コーヒーなんて飲むのだろうか。検証してみよう!


スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加   


節約してもお金が増えないと悩んでいませんか。豊かになるには豊かな人に秘訣を学べばよいのです。いったいお金持ちはどうやってお金持ちになったのでしょうか。

実は世界の大富豪はシンプルな節約術を実践していました。そこで、お金持ちに共通している、節約のための生活習慣をご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加   


「どうしても欲しい」というほど気に入った商品ではないのに、ついつい買ってしまって、あとから後悔した経験はあるでしょうか? もし、そんなことが頻繁にあり「買い物をしないと気が済まない」という状況になっているのなら、「買い物依存症」に陥っている可能性があります。

(中略)

●買い物依存症に陥ったきっかけ

---買い物依存症の原因はなんだと思われますか?

西村優里氏(以下、西村) 人によく見られたいという気持ちだと思います。大学生の時からローンを組んでエステに通うようになったのが始まりです。100万円近い高額な商品でしたが、分割すれば月額1万円ほどなので大丈夫だろう、という気軽な気持ちでした。それが後々大変な結果を招くとは思ってもいませんでした。その時は、モノを買うことで満足度が高まり、借金をすることへの抵抗が薄れていました。気が付いたら借入額は500万円まで膨れ上がっていました。


--なぜ借金額が膨れ上がるまで気付かなかったのでしょうか?

西村 買い物をする時に要注意なのは、毎月一定額を返済するリボルビング払いです。月々の支払いを低額に抑えられるので利用されている人も多いのではないでしょうか。リボ払いは、借金をして買い物をしているという実感が薄くなり、借入残高がいくらになっているのかを把握しづらく、結果的に多くの金利を払うことになってしまいました。


--一般的な若い女性会社員にとって500万円は大金ですが、誰かに相談はしなかったのですか?

西村 迷惑をかけると思い、家族や友人に相談することは考えていませんでした。会社にもバレたら大変ですから、通常通りに仕事もこなさないといけません。当時、消費者金融の過払い金が問題になっていました。そこで私も司法書士に相談して過払い金の返還請求を行い、返済計画を立てました。最終的には約3年で借金を返済することができました。

記事詳細
買い物依存症OL、なぜ借金500万円?どう脱出?ストレスをためない健康的な貯金術とは

このエントリーをはてなブックマークに追加   


メガバンクの銀行員であった筆者が、お金を貯めようと切実に思ったのは29歳の時でした。世はバブルの真っ最中。当時、大企業を担当していた筆者のところに、就職で人気の花形企業の課長A氏から相談が来ました。

「ゴルフの会員権を買いたいので、500万円貸してほしい」

 借り入れ申し込み用紙に書かれた数字は「年齢40歳、年収1200万円、金融資産0」。年収は極めて高いのですが、飲み会や遊びにお金がどんどんつぎ込まれている様子が借り入れ申込書からも見て取れました。

 同じ日の午後、別の取引先の課長B氏からも相談を受けました。住宅購入資金として2000万円貸してほしいとの依頼でした。借入申込書に書かれた数字は「年齢40歳、年収500万円、金融資産2000万円」。

 A氏とB氏では、年収に2倍以上の開きがあります。それにもかかわらず、貯蓄額はB氏の圧勝。年収の高さが、そのまま貯蓄額につながらないことを実感しました。

記事詳細は
なぜ年収1000万円でも貧乏?かえって危険?高収入の人が陥る“悲惨な”ワナ

このエントリーをはてなブックマークに追加   


急に肌寒くなってきました。そうなると暖房器具の登場。エアコン、ストーブに続いて冬の暖房器具として人気なのがホットカーペット。

でも実はホットカーペットの電気代が意外と高い!でも使い方次第では節電、節約ができます。ホットカーペットの消費電力、賢い使い方などを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お金が貯まる考え方


まずは、考え方を変えよう!

●お金は信用そのものを数値化したもの。お金は信用である

●無駄遣いを減らそうと節約してばかりでは、お金の奴隷になっているのと同じ

●小さいお金に満足したら大きいお金は手に入らない

●一番良いのは若いうちから貯蓄(もしくは投資)の習慣をつくる

●お金持ちになるのに必要なのは、まず第一にお金ではなく、強靭な体力だ。体力がなければ働くことはできない

このエントリーをはてなブックマークに追加   


誰にでもできる、超簡単なお金を貯めるワザです

このエントリーをはてなブックマークに追加   

このエントリーをはてなブックマークに追加   


貯金って本当に難しいですよね。入ってくるお金は限られているものの、欲しいもの、やりたいことは沢山ありすぎる・・・

そんな難しい貯金を楽にする貯金方法をご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加   
パート1はこちら



お金が貯まる人と貯まらない人の特徴をまとめた@パート2です。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。